アンコウフックで一発アンカーセット in 大島

枝が混み入った箇所や、周囲の灌木の枝などが障害になる場面でも、スローラインを一発で枝股(クロッチ)に掛けられる「アンコウフック」を、2020年10月に導入しました。
スローウェイトを投げるのではなく、伸縮ロッドを利用して枝股まで持ち上げて掛けるための道具です。
この素晴らしい道具の使用風景を先日やっと撮影しましたので、紹介してみます。

① スローラインをアンコウフックの頂点のシャックルに通します。

“アンコウフックで一発アンカーセット in 大島” の続きを読む

高圧線上での特殊伐採

高圧電線のすぐそばで、土砂災害の恐れがある急傾斜から生えている支障木の特殊伐採を2月に行いました。2020年7月に伐採した現場のすぐ近くです。写真3枚目右奥の白い新しい擁壁が2018年豪雨で崩れたところです

根元が高圧線と同じくらいの高さで、樹高20メートルほどの木です。クレーンの使用も不可能ということで当方にご依頼いただきました。

下見したときは初夏で緑が濃かったですが、施工時にはすっかり落葉した上に灌木も除伐したのでスッキリしています。

高圧線の真上に張り出ていた枝は、切れ目を入れてから上向きに引っ張って切り離しました。
。撮影が下手で見づらいですが、動画もありますのでよかったらどうぞ。

あとはいつも通り、順に吊り切りです。
トップカットは何度やっても緊張します。高い位置まで登ると揺れて怖いですし、かといって低い位置で真上に伸びた大枝を逃げ場のない樹上で切り倒すのもリスクが高くなり怖いです。

急斜面で、電線も近く下は道路でかなり大変な現場でしたが、関係者の皆様のおかげで無事に完了することができました。楽しいといったら語弊があるかもしれませんが、やりがいのある現場でした。ありがとうございました。