倒す場所のないヒノキの伐採(竹原)

お屋敷とお墓と電線と手すりとブロック塀に囲まれて、根元からは切り倒すことができないヒノキ約10本の伐採を5月に行いました。クレーンなども入れず、倒れる前に何とかしたいがどうしようかと思案されていたお客様も、当方の特殊伐採のチラシをご覧になったときに「まさにウチにぴったりだ!」と思われたそうです。

左の建物の奥に伐採するヒノキが生えています
樹上から。電線(赤線)が近いです。
樹上から。伐採完了した切り株が見えます。

3枚目の写真で向かって左には建物、根元には手すりとコンクリートの坂道、 背後には電線 、右にはお墓とブロック塀と手すりとまたまた電線、奥は植木とブロック塀、といくつもハードルがありました。
木と木の間隔が狭い影響か、細長く揺れやすい木や、立ち枯れしているものもありました。

電線から遠い木から順に作業していきました。

最後の1本のトップカットとリギング(吊るし切り)も完了し、地上に降ろしたところです。赤丸がトップカットしたヒノキ、青い囲いがそれを吊るしたロープです。
関係ありませんが、作業着はワークマンのクライミング長袖ハーフジップです。

無事に伐採完了しました。お客様も心配事が片付いて安心されたようでよかったです。
ご主人も奥様もとても感じのいい方で、とても作業がしやすかったです。どうもありがとうございました。

特殊伐採:斜面の枯損木など その1

秋から色々バタバタしていましたが、2019年の決算と確定申告の準備もでき、久々の投稿です。
12月から1月にかけて、少しスリルのある、とてもやりがいのある伐採のご依頼をいただきました。

屋根にかかっている枝を、屋根に当たらないように短く吊り切りするために、なるべく先まで渡っていきます。リムウォークというそうですが、日本語だと「枝歩き」でしょうか。英語にするとなんだかカッコいいですね。

“特殊伐採:斜面の枯損木など その1” の続きを読む

特殊伐採と庭木の整理

4月に高さ9mのカシノキの特殊伐採、庭木と竹藪の伐採、剪定のご依頼をいただきました。
かなり伸びすぎてしまい森のようです。

施工前 1/5
施工前 2/5
施工前 3/5
施工前 4/5 裏側より 中央の樫が屋根に掛かっていました
施工前 5/5

上下の写真で施工前後の違いを比較できます。左右にスライドしてご覧ください。

施工後 1/5
施工後 2/5
施工後 3/5
施工後 4/5
施工後 5/5
“特殊伐採と庭木の整理” の続きを読む

特殊伐採:20メートル超えのムクノキ剪定

樹高約25メートルのムクノキと15メートルのヤブニッケイから、納屋とお墓に大量の落ち葉や木の実が落ちてくるとのことで、上空で枝を剪定しました。

施工前 納屋の裏にムクノキがそびえ立っています

今までのご依頼の中で一番大きい木で、ワクワク感が止まりません。ざっと見積もって、切り下ろす枝の合計重量が1トンを軽く超えます。下から見ていると、「あそこに登ってこことあそことズバズバっと切って吊り下ろして、最短3日かな」なんて考えたのですが、始めてみると甘かったです。(笑) 枝にツルが絡まっていたり、枝どうしが重なっていたりして、予想以上に手間や小分けに切り下ろす回数が多くなりました。何より20メートルも昇ると下から見るより枝が太いですね。吊り下ろすときは絶対に引っかからないように慎重に作業しました。それでも一度だけ、吊り下ろす枝と隣の枝が絡みついたツルで繋がっていて、隣の枝をへし折って下りてきました。ヒヤリとしましたが一つ学習しましたので次に生かせます。林業現場人Vol.19を読むと、枝が何かに引っかかっていて危険な個所を「ウィドウ(未亡人)メーカー」というようです。

“特殊伐採:20メートル超えのムクノキ剪定” の続きを読む