土砂災害対策の伐採

2018年の豪雨で今回の木の横で土砂崩れが起き、そのときは倒れなかったのですが、また大雨で民家に被害がでる前に伐採して法面の補強工事をしなければならないということで、建設会社様から伐採のご依頼をいただき、7月に施工しました。

擁壁の上、地上4メートル付近から立派にそびえ立っていました。

登って枝を切り落とすのも大変ですが、その枝を運び出すのも大変なので、できるだけロープウェーのようにロープを張って枝を掛けて滑り下ろすことに。下ろしたい方向に立木がないので軽トラックをアンカーにして、敷地に集積です。

枝を全て切り落として幹だけになったら根元から伐倒したいところですが、傾いて重心が家屋側にあるので、もう大丈夫というところまで細かく切り落としていきました。
偏心木を重心と例えば90°違う方向に倒そうとすると、最初は受け口のほうに倒れてくれますが、ツルがブチブチ切れるにつれて重心方向に傾きだし、あっという間にそちらに倒れることがよくあります。ロープで他の立木にアンカーをとって倒れる方向を規制することもできますが、今回はリスクが高いので一番安全に小間切れにしました。

真夏で暑かったので、パラソルを立ててブロワを扇風機にして休憩です。
マキタのブロワMUB184、オートクルーズ機能が役立ちました。(笑)
風も強力で掃除がとても楽で、ホウキは放棄状態です。

無事に根元まで伐採完了です。

今回はご依頼主様が伐採木の処分をされるということで、集積して完了です。クスノキのいい香りがしていました。
なんとかご期待に応えられたでしょうか。
ご依頼いただき誠にありがとうございました。

柿の木伐採@竹原市

竹原市のお客様から柿の木を短く伐採するご依頼をいただきました。
樹高は8メートルくらいですが、幹の太さは40センチありました。樹齢100年くらいとお伺いした気がしますが、詳細を忘れてしまいました。

周りの庭木と石垣や倉庫、根元の水道管に注意しながら少しづつ切り下ろしました。

樹高2メートルまで伐採しました。
処分まで含めて1日で完了することができました。
石垣などに当てたりせず無事におわり、お客様にも喜んでいただけてよかったです。
ご依頼ありがとうございました。

ハスクとマキタのバッテリーチェンソー

ハスクバーナとマキタのバッテリーチェンソーを簡単に比較してみました。

名称電圧 ガイドバー実測総重量
オイル満タン
マキタ MUC204DRGX18V200mm約3.2kg
ハスク T535i XP36V300mm約4.6kg

MUC204を使い始めた頃は、手ノコより圧倒的に早くて、始動時はスイッチ一つなのでエンジンチェンソーのようにスターターロープを引く動作が不要でなんて楽なんだと感動しましたが、直径20cmくらいの枝や幹になるとパワー不足で時間も体力も消耗しますし、バッテリーもすぐ空になるので1クラス上のものを買うことにしました。(切削屑がスプロケ周りにすぐ大量に溜まるのが唯一の欠点です。)

“ハスクとマキタのバッテリーチェンソー” の続きを読む

特殊伐採:斜面の枯損木など その1

秋から色々バタバタしていましたが、2019年の決算と確定申告の準備もでき、久々の投稿です。
12月から1月にかけて、少しスリルのある、とてもやりがいのある伐採のご依頼をいただきました。

屋根にかかっている枝を、屋根に当たらないように短く吊り切りするために、なるべく先まで渡っていきます。リムウォークというそうですが、日本語だと「枝歩き」でしょうか。英語にするとなんだかカッコいいですね。

“特殊伐採:斜面の枯損木など その1” の続きを読む

軽トラ全塗装DIY前編

2015年に知人からいただいた20年物の軽トラック「スズキ・キャリー」が25年15万kmを目前に、冷却水が頻繁に減るなど調子悪くなってきたので、乗り換えることにしました。タイミングよく10年物の「ダイハツ・ハイゼット」をゲットでき、走る広告として目立つ色にしようと思い、タカラ塗料さんの車用艶消し塗料で塗装してみることにしました。

“軽トラ全塗装DIY前編” の続きを読む

特殊伐採と庭木の整理

4月に高さ9mのカシノキの特殊伐採、庭木と竹藪の伐採、剪定のご依頼をいただきました。
かなり伸びすぎてしまい森のようです。

施工前 1/5
施工前 2/5
施工前 3/5
施工前 4/5 裏側より 中央の樫が屋根に掛かっていました
施工前 5/5

上下の写真で施工前後の違いを比較できます。左右にスライドしてご覧ください。

施工後 1/5
施工後 2/5
施工後 3/5
施工後 4/5
施工後 5/5
“特殊伐採と庭木の整理” の続きを読む